貸切バスの裏技?路線バスって借りられるの?

団体での移動に便利な貸切バス

団体でまとまって移動したい場合の便利な交通手段の一つに貸切バスがあります。荷物を持って動かなくてすみ、目的地の近くまで乗り付けることができるし、帰りはみんなが眠ってしまっても無事に帰りつけるという、参加者にとっても幹事さんや責任者にとってもうれしいアイテムです。しかし、チャーターするにはそれなりの費用がかかり、予算が決まっている場合には難しいこともあります。見積もりをとってあまり安いところは安全性が懸念されるんじゃないかと疑ってみたり、悩ましいところですよね。

移動が第一の目的なら、路線バスの貸切がリーズナブル

もし、移動が長距離でないのなら、自治体や民間のバス会社の路線バスをチャーターするという方法があります。多くの自治体やバス会社が、通常運行している路線バスを貸切バスとして貸し出しています。観光バス型のバスよりも低い価格が設定されているので、予算が少なくても借りやすくなっています。

路線バスは、座れる座席は一般の観光バスよりも少ないものが多くなっていますが、車両の定員は大型観光バスと変わりません。車内には広告などがついていたり、場合によっては全面広告のラッピングバスなどが来ることもあります。また、シートベルトが付いていないので、高速道路を走ることができません。

通常、路線バスを運行している自治体やバス会社では、非常に高い安全管理に対する意識を持っています。利用する側としては、運転手さんの能力や勤務スケジュールに関して、安心感が持てる事業者といえます。つまり、条件に合えば、安い費用で安全性の高いバスが借りられるということです。

社内旅行や町内会の旅行、研修などで貸切バスを使う機会があります。バス会社を選ぶ際は、価格だけでなく、安全性を重視して選ぶことも大切です。