トランペットの基本的な練習方法と楽しい世界観!

初心者必見のトランペット基本練習方法!

トランペットは吹奏楽などでは、メインを奏でる事も多い金管楽器の中心的な存在ですが、一見簡単そうに見えてもなかなかはじめから思い通りの音を出せ人はいません。

始めはきたない音しか出ないと思いますが、トランペットに限らず金管楽器に重要な事はロングトーンと呼ばれる練習です。この基本練習こそがいずれ役に立ちますし、ロングトーンをできるだけ長くできる基礎体力をつける事がトランペットで力強い音を奏でる事ができるようになるひけつともいえます。

音階などは慣れてくればできるようになりますが、肺活量や腹筋力などは毎日コツコツと鍛えていくしかありません。学校の吹奏楽部は文化部になっていると思いますが、運動部と同じようにマラソンや腹筋をこなしている学校も少なくはありません。以外に思うかもしれませんが、実はこの基礎体力の向上こそが先々の上達に大きな差が出るのでしっかりとこなすようにしましょう。

トランペットの楽しみ方と練習での合わせ方

トランペットは金管楽器の中でも花形と言われるほど、奏でる音の大きさやメロディーの中心になる事も多い楽器です。

吹奏楽やブラスバンドでもその役割の多さは、他の金管楽器と比べても目立つ存在になりますが、日頃の練習から注意をしたいのが、他の金管楽器とのバランスや気持ちの問題です。

確かにトランペットは金管楽器の中では主力と言われる楽器になっていますが、それはあくまでも他の金管楽器との音が重なる事で生まれる魅力でもあります。ホルンやトロンボーンなどが主音以外を奏でてくれて、チューバがリズムをしっかりととってくれるのが理想的な姿です。

自分が主役という気持ちではなく、周りの音に合わせた音量やテンポで奏でる練習が本番での力になります。

金管楽器の一種であるトランペットには、ピストンバルブを使用したものやロータリーバルブを用いたものなど、いろいろな種類があります。