初めての北海道旅行にも!札幌から気軽に行ける温泉地3選

札幌の奥座敷「定山渓」へ

温泉が点在している北海道では、札幌市内にも温泉地があります。札幌市南区にある定山渓(じょうざんけい)は札幌の奥座敷と呼ばれ、豊かな山々に囲まれた温泉地です。
札幌駅からバス1本で行けますし、レンタカーでも訪れやすいというアクセスの良さも魅力。札幌観光を楽しんで、定山渓に宿泊というコースも無理なく楽しめます。
無料の足湯などもありますし、日帰り入浴ができる旅館も多数あります。おしゃれなカフェも増えているので、日帰りで楽しむのもおすすめです。

一度にさまざまな船室を楽しめる「登別」へ

札幌駅からJRの特急で約2時間。全国的にも有名な登別(のぼりべつ)もアクセス便利な温泉地です。硫黄のにおいに包まれた温泉地には、ところどころに登別温泉のモチーフである鬼が。また、地獄谷の周辺には遊歩道が整備されており、迫力ある姿を眺めることができます。
登別は全部で9種類の泉質が楽しめることで有名で、温泉のデパートとも呼ばれます。一日湯めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

美人の湯で名高い「支笏湖」へ

凍らない湖、支笏湖(しこつこ)は札幌から車で約1時間で行ける距離。レンタカーを借りてドライブがてら訪れるのにもぴったりです。年間を通してさまざまなアクティビティが用意されているのでチャレンジしてみるのも良いでしょう。
支笏湖温泉は美人の湯と言われ、肌をやわらかくし、皮脂などを洗い流してくれる効果があります。新千歳空港からのアクセスも便利なので、出発前日や到着当日に訪れてみるのにもぴったりです。

北海道の旅行での道民のおススメグルメは、黄色ちぢれ麺の味噌ラーメン、すっかり定着したスープカレー、道内企業の回転寿司、北海道の原料を使用したスイーツなどです。